ARの認識方法と種類

位置、マーカー・マーカーレス、3D(立体)・空間での認識の違い

無料スマホARアプリ(Android/iPhone/iPad)
ARとは

ARの認識方法・種類

ARとは、Augmented Realityの略で拡張現実の事を言いますが、ARの認識方法にも種類があります。

緯度と経度の位置情報を認識し、その場所・空間を拡張するAR。画像(空間の静止画)を認識するAR(マーカ型・マーカーレス型)。さらに、空間(立体)を認識してその空間を拡張するAR。空間認識があります。

ARとは、現実の空間を拡張するものですので、私たちの世界で認識できる3次元の空間を拡張します。
ただし、ARとして認識させるトリガーは、GPSで捉えられる緯度と経度の位置情報や写真やイラストなどの静止画の2次元で認識したりと様々です。
空間認識(立体認識)は、位置や静止画ではなく3Dモデルや空間を認識します。
顔認識のような場合は、現実の顔にデジタルのメガネやマスクをかぶせたまま、人が移動したり、顔を横にしたりうつむいたりしてもデジタルのメガネやマスクは、顔にかぶさったままです。

 位置認識型AR

 スマートフォン等のデバイスのGPS機能で取得される位置情報で認識するAR。

ARのロケーション認識

 マーカー型の画像認識AR

 あらかじめ登録された、例のような輪郭がついた図形マーカーを認識するAR。角があり認識しやすいので認識計算が速いです。大量のARをARアプリ(エンジン)に認識させる場合でも安定性があります。

ARマーカー例1
ARマーカー例1

 マーカーレス型の画像認識AR(ノンマーカー)

 マーカー型とは違い、自由な平面のイラストや画像(静止画)の特徴を捉え認識するARです。
背景が変わらなければ、実物の風景や実際にあるモノ(製品)や人物でも静止画状態の画像として認識します。

ARマーカーレス写真例2
ARマーカーレス写真例2

 ARナビキャラは、このマーカーレス型のスマートフォン用ARアプリです。

 3D、空間認識AR

 立体的に特徴を捉え認識する事ができるARです。
画像認識の場合は2D(静止画)で認識しますが、立体や空間で認識する場合は、モノ(製品)や人物でもいろんな角度から捉える事ができるので、現在のウェアラブル端末でのAR利用は空間認識が主流です。

保守作業での空間認識

 製造メーカー業の保守作業の分野などでは、今まで、製品や部品を検索する場合、製品名や部品名でいちいち文字を入力して検索していたものが、モノを見ただけでモノを判断できる技術になるので、すばやく製品の情報や操作手順を呼び出したり、製品の発注が出来たりと様々な分野でARを利用した取り組みがされはじめています。

 ARについては、AR(拡張現実)とはをご覧下さい。


ARナビキャラTwwiterARナビキャラスタッフ@ARnavichara

ARナビキャラFacebookバージョンアップ履歴

ARの作成・閲覧ができる無料のAR(拡張現実)カメラアプリAndroid用 ARの作成・閲覧ができる無料のAR(拡張現実)カメラアプリiPhone/iPad用 ARアプリダウンロード用QRコード


より良いARのアプリケーション開発・制作のために、ストアサイトでのレビュー評価をお願いいたします。
ご意見・ご要望に関しては、こちらのお問い合わせまで。


自分で埋め込む参加型のAR作成アプリ ARナビキャラ
Copyright© Digital Printing & Solutions Co., Ltd. All Right Reserved.